ブログ

2016年10月6日 00:09:55

『トーテムに行きたい方募集!!』というお知らせを覚えていらっしゃいますか??

夏にメルマガやFacebookで告知させていただいた内容なのです。

事の発端は、たまたま朝、電車の中でFacebookを見ていたら、札幌のサンタランに参加されたことがあるというご家族の投稿を見かけたことでした。

内容としては、昨年肺移植を受けたアイカちゃんとそのご家族が、その定期健診を京大病院で受けるために札幌から京都までフェリーで来る予定だったこと、沢山の検査のご褒美に前から見たかったトーテムを親戚や家族分と予約していたこと、ただ直前でアイカちゃんの体調が急変し札幌で入院することになったため、すべての予約をキャンセルしなくてはならないことなどが綴られていました。

それを読んで、札幌から京都までのフェリー代、宿代、そしてトーテムのチケット代と、直前のキャンセル料は大変だろうな、また札幌の方が大阪公演のトーテムのチケットを知り合いに譲りたいと募集をかけてもなかなか難しいのでは…と思い、それなら大阪のサンタ・ランネットワークを使って募集したほうがいいのでは??と思い、思い切って連絡を取ってみました。
(もともと私の直接のお知り合いではなく、共通の友人がいる、という形だったので)

結果的に、大阪でそちらのチケットを引き受け、無事行ってもいいよ!と申し出てくださった真夏のサンタさんたちのお陰でチケット代は無駄にならずにすみました。その際にご協力いただいた皆様、改めて有難うございました!!

で、前置きが長くなったのですが、実は昨日そのアイカちゃんとご家族にお会いすることができました!
そうなんです!無事検査を受けに来られるほどに回復したということなんです!

全国にサンタを通じて色々なお知り合いが増えていく、嬉しくてサンタをやっていて良かったなと思う瞬間です(^ ^)

2016年9月20日 15:36:21

事務局では只今、忙しさピーク(第二弾ぐらい)を迎えています。
何故なら今が丁度チラシやらポスターの納品&発送時期になる為です…。
というわけで単発でチラシの発送&梱包などの業務をお手伝いいただける方を募集します!

日時:9月26日(月)~30日(金)10時頃~15時半頃の間
※その期間、1日だけ、数時間だけ等でも大歓迎です。
作業:チラシの梱包&発送作業 誰でもできる簡単な作業です!

実は事務局スタッフはこれを書いている私も含めて4人しかいない&みんなが毎日いるわけではないので、超アットホームな感じでお喋りしながら和気あいあい作業していただく形になります。

当日はボランティアになりますので、交通費などの支給はないのですがお茶菓子やらは取り揃えてお待ちしています(> <)/

ちょっとサンタ業界という特殊な業界(笑)の裏側を覗いてみたい方(裏話いっぱいできます)、単純作業による達成感を味わいたい方(そんな方いるかしら…)、是非お気軽に行きますよ~とご連絡いただけるとスタッフ一同、助かる!!と(笑)大喜びします。

ちなみに一人で遊んでおけるお子さんでしたら、一緒に連れてきて、というご相談にものりますので、子育て中のママさんの気分転換にもどうぞ!

行くよ~!という方は info@santa-run.com に

・お名前
・連絡先電話番号
・連絡先メールアドレス
・参加可能日時(日付&時間 次の予定と予定の間の1時間でも構いません!)

をお知らせください。

なお、事務所は大阪の堂島(一番近いのは西梅田駅)になります。
今回は行けない(> <)という方も情報拡散にご協力いただけるととても助かります!

どうぞ宜しくお願いいたします!m(_ _)m

141130_1157

2016年9月15日 19:57:56

「ネスカフェアンバサダー~♪」
これを初めて聞いたとき、アンバサダーってきいて、皆さんすっきり意味がわかるんだろうか、と思った記憶があります。

そんな「アンバサダー」を私も使う日が来るとは思ってもみなかったのですが
今年Osaka Great Santa Runではキッズ大使(アンバサダー)を募集することになりました!

日本でクリスマスというと、キリスト教のお祝いに、ケーキだ、パーティーだと騒いで…というイメージを持たれることもあります。しかし、会ったこともない誰かに、素敵なクリスマスを過ごしてほしい、病気と闘っている子どもたちにちょっとでも楽しい思い出を、と思ってくださる方が本当に沢山いることを、私はこのサンタランを通じて知りました。

子どもの頃にクリスマスの晩にサンタさんがプレゼントをもってやってくる、と思ってドキドキした気持ちとはちょっと違いますが、Osaka Great Santa Runの会場で、これだけ沢山の方が誰かのためのサンタさんなんだ、と思った時のふわっと心が温かくなる感じを、是非沢山の方に知ってもらいたい、と思っています。

そしてまだサンタクロースの魔法がかかっている子どもたちには、クリスマスにそりに乗ってプレゼントを届けてくれるサンタさん以外に、普段は普通のお仕事をしている人達やお店の人のなかにも「隠れサンタ」(笑)がいるんだ!と知ってもらいたいと思っています。

更にはその「隠れサンタ」には今からでもなれる!ということも知ってほしいです。

まだちょっとサンタ事情を理解するには難しい子ども達もいるかもしれません。
ただ、将来の隠れサンタを増やすためにも、Osaka Great Santa Runでは今年キッズサンタ大使を募集します。

Santa Run アンバサダー、募集中です!

141130_1129

2016年8月28日 19:08:41

割と色々と本を読む方なのですが、現在読んでいるのが
「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」(森岡 毅 著)という本です。

欲しい本を片っ端から買おうとすると、とんでもないことになるので(笑)普段は基本的に図書館で借りて、良かったなーと思う本だけ手元に置くのですが、この本は何だか今、ここで買わなくては!という第六感?で読まずに購入した個人的に珍しい本です。

その予感はばっちり当たっており、サンタ・ランにも当てはまることが多すぎて、ただただココロが痛い…(笑)

タイトルにある「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」というのは、「消費者視点」という価値観と仕組みを変えたことだそうです。

『全員が「ゲストを喜ばせるために面白いものを作ろう」と思ってやっていても、「ゲストが本当に喜ぶもの」と「ゲストが喜ぶだろうと作る側が思っているもの」は必ずしも一致しないのです。なぜならば、作る側は自然状態では消費者感覚から最も遠ざかる運命にあるからです。テーマパークの様々な仕掛けを考案したり、製作している人々は業界のプロです。プロの作り手は、この業界で経験を積むほどに作り手としての専門的な知識を獲得して玄人になっていきます。それは素人である消費者とは真逆の感覚に進むことを意味しています…(以下略)』

そして、この後には、でもなんでそう簡単に「消費者視点」に切り替えることができないのか、そして「落としどころ」になってしまう弊害…と話は続き、第1章を読み終わった時点で色々えぐられ過ぎて、私のHPは、ほぼ0です…(笑)

サンタ・ランも今年8回目を迎えます。
手探りで始めたイベントも8回目になり、規模も最初の頃と比べて段違いに大きくなり、色々なことが変わってきています。
初心を忘れず、というのはなかなか難しいな…と思う今日この頃です。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

2016年8月25日 18:39:37

8月もそろそろ終わりに近づいていますね。
暑いのは嫌ですが、涼しくなりはじめる=忙しくなるので悩ましいです…。

さてさて先日「お早目のお申込みを~!」とお声がけさせていただいたところ、沢山の方がご協力くださり、とても嬉しかったです!有難うございます!!
引き続き宜しくお願いいたします!m(_ _)m

そんななか、9月末で申し込みを終了しますキャラクターキャップ付きチケットですが、現在のキャラクター(トナカイはキャラクターではないですが…)1番人気はデールです。そして2位が実はチップです。

実は私はチップとデールのアニメって見たことがないのですが、デール人気を見てちょっと興味が沸いている今日この頃です…。

当日チップとデール大集合!!とかで写真撮っても楽しそうですね~ヾ(´^ω^)ノ

PICK UP

facebook twitter

MENU

SNS