ブログ

Book

Category in book
2017年8月3日 12:53:37

8月!
7月は2回も出張があったりと盛り沢山だったせいか、何だか1カ月が長かったと感じました。
ようやく8月!(個人的には暑さはもう十分満喫したので涼しくなっても良いのですが…)

今月はなんだか新しい月が始まる!という意識がいつもより強く感じるので、目標を立ててみました。

「できるだけ沢山本を読む」

電車の移動時間等ついついスマホをいじってしまうのをやめ、できるだけ沢山本を読む、と決めました。
そんなわけで今読んでいる本はこちら。

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

これからの時代、「知財」について簡単な知識を持っているだけでも助けになる、という書評を読んで手に取ることにしました。
近年、五輪のロゴ問題とか、まとめサイトの問題でサイトが閉鎖に追い込まれたりだとか、意外と急に巻き込まれる可能性もありますしね(( ;゚Д゚))

ちなみに実は「Santa Run(サンタ・ラン)」という言葉は商標をとっています。
近年、何やら片っ端から商標登録申請をしている元弁理士さんのお話が少しニュースになったこともありますが(この本でも紹介されていています)サンタを始めた約10年ぐらい前も中国人が日本のメジャーな名前などを先に押さえていて…という問題があったので、先に押さえておいたのです。

侵害してくるところを訴えようという攻めの姿勢、というより、将来何か知財的な問題で責められないよう「守るため」に取ったのですが、この本を読んでいてその選択は正しかったと再認識。
ここ数年、事務局にお問い合わせしてくださる、他の地域で開催されたいという方も気にされていることが多いです。

気をつけていないと、知らない間に侵害することもありますし、身近な事例も沢山紹介されています。
確かにちょっとした知識を持つのに手軽な一冊です。

2016年7月2日 09:59:37

本日は個人的?読書備忘録ですのでご興味のない方はスルーください(^o^)/

先週は雨降りの日が多かったので読書時間が増えていました。
そんななかで読んだのがアンディ・アンドルーズの「希望をはこぶ人」。
著者のアンディ・アンドルーズはアメリカでコメディアンとして人気を博したのち、
作家に転身。講演者としても評判をよび、ニューヨーク・タイムズ紙で
「アメリカで最も影響力のある人物の1人」と賞賛された方だそう。

本は小説仕立てなのですが、内容は啓発本に近いかなと思います。
様々な題材について、モノの見方が色々あるよ、ということを教えてくれる本です。
老いについて、謝罪について、愛情について、などなど。
個人的に面白い考え方だなーと思ったものの一つが以下の愛情について。

愛情の表現の「方言」は4つある。
組み合わせやバリエーションは色々あるが基本的には4つ。
【子犬型】
良い子だとほめてもらうと全身で喜びを表現
承認の言葉 愛している、素敵だ等の言葉で表現する愛情表現

【猫型】
体をすり寄せてきて撫でてもらいたがる、餌は自分で取ってくる
ハグ等、肉体的接触で愛情を感じるタイプ

【金魚型】
触られたいわけではない、水の中にいるので優しい言葉をかけてほしいわけでもない、
そばにいようがいまいが関係ないから質の高い時間を共有したいわけでもない、
餌をくれて、水槽を綺麗にしてほしい、
親切な行為や家事を手伝ってもらうことで愛情を感じるタイプ

【カナリア型】
餌を与えてほしいわけでも、話しかけてほしいわけでも、撫でてほしいわけでもない。
さえずりながら、そばでじっと歌をきいていて、と呼びかける
相手と質の高い時間を共有する、安らぎの時間を持つことが愛情表現
もっと二人いの時間をつくって、あまり一緒にいてくれない等の不満がでるのはこのタイプ

なかなか上手い分類方法ですね。
ちなみにこの方言がお互い通じていないから、愛情関係の問題が起きる、ということでした。なるほど。

他にもよくある普遍的な悩みを様々な見方で解決する、気持ちを楽にする方法を
提案してくれる本です。「老い」に対する悩みを描いている章も面白かったです。

希望をはこぶ人

2014年9月15日 00:52:51

本繋がりの記事をもう一つ。
「銀二貫」という小説をご存知でしょうか。

銀二貫 [ 高田郁 ]

感想(53件)


「みをつくし料理帖」で有名な高田郁さんの作品、といえば
おわかりになる方もいらっしゃるかもしれないですね。
高田さんが関西出身のせいか「銀二貫」も「みをつくし料理帖」も大阪の地名がよく出てきます。

先日友人とお昼をしていたのですが、ひょんなことから「銀二貫」でよく出てくる天神さんに
お参りに行こう!という話になり、てくてく出かけてきました!

OpenIn (1)

恐らく過去にお参りに行ったことはあるはずなのですが、小説を読んで、
自分の中でイメージが出来上がってから改めて訪れると楽しさも倍増です。
そして途中「みをつくし料理帖」でも良くでてくる天神橋も通ってきました。

OpenIn
「銀二貫」も「みをつくし料理帖」も食べ物が本当に美味しそうに描かれていて、
登場人物はみんな優しく、素敵なお話です。
どちらもドラマ化されていますが、小説がお薦めです(^ ^)

2014年9月14日 00:02:01

後に大和書房さんと打合せをした際に伺ったのですが
実は今までも何度か『サンタさん すきですと言えなくて』の重版はないのでしょうか、
というお問い合わせはあったようです。(重版予定はなかったそうですが)
ただ、『何冊買えば重版してもらえますか?』と尋ねられたのは初めてだったそうで(笑)
『何冊?』と尋ねられた以上『○○冊!』ときちんと数字で答えなくては…!
と社内でリアルに重版を考えるきっかけになりましたと笑いながらおっしゃっていました。

そんな質問方法が功を奏したこともあり?また大和書房さんがSanta Runの趣旨に賛同して
色々と調整いただき(予算がないと言っている割にあれやこれや強気な注文をしました、すみません…)
重版に向けて動き出したのです!
なお今回の予算は春に大阪商工信用金庫さんからいただいた社会福祉賞の副賞の範囲で
頑張る予定です。というかそれ以外、予算がないというのが実情…(> <)笑

そして同時進行でこの絵本の作者のふくだすぐるさんにもコンタクトを取りました。
ふくだすぐるさんは絵本好きの方だと「ちゅ」という絵本をご存知な方も多いのではないでしょうか。

ちゅ [ 福田直 ]


大和書房さんとの打合せに東京に伺った際に、実際にお会いし、お話をさせていただきました(^ ^)
絵本どおりの優しい雰囲気の方で、今回のSanta Runの企画にとても賛同してくださり
また十数年ぶりに「サンタさん すきですといえなくて…」が重版されることを大変喜んでくださいました。

そして流石サンタさんの絵本を描かれているだけあり
(実はこの「サンタさん すきですといえなくて…」以外にもサンタさんに関する絵本を描かれています)
サンタ愛(笑)について大いに盛り上がり、個人的にとっても楽しい時間を過ごさせていただきました。

更に、是非何か協力したいです、とおっしゃっていただき
Osaka Great Santa Runサイトで販売する絵本のみの限定特典として
ポストカードをつけることにして、そのデザインをしてくださることになりましたヾ(*≧∀≦)ノ゙

そんなこんなで、今年ついに!「サンタさん すきですといえなくて…」が重版されます!!
重版にあたり、一般の書店さんでも手に入るようになりますが
Osaka Great Santa Run公式HP内「サンタさんのプレゼント工房」販売分のみ

★Osaka Great Santa Run仕様のダブルカバー
(通常の絵本カバーの上にもう1枚特別カバーがつきます。
こちらのデザインはSanta Runのポスター/チラシでおなじみのサンタロゴのデザイナーでもある
高橋善丸さんによるデザインです)
★ふくだすぐるさんによるOsaka Great Santa Runオリジナルポストカード

がついてきます!!

今年の冬、誰かにちょっとしたプレゼントとして贈るのに(勿論自分用に手元に置くのにも)
とっても、とってもおススメの一冊です。
クリスマスのプレゼント交換とかぴったりだと思います!!!(笑)

今まさに、絵本カバーのことやらポストカードの印刷等頑張っていますが、
もう少し日にちが近づいてきましたら、Santa Run公式HP内に特設ページも作る予定ですし
Santa Run当日にも販売出来ればな、と思っていますので是非ご覧ください。

2014年9月7日 16:23:49

お引越しの山場をどうにか乗り越え、ちょっと一段落したので
春からずっとこっそり進めていた新プロジェクトのお話をしようと思います(^ ^)
実は今年!Osaka Great Santa Runと絵本がコラボします!!

きっかけは毎年クリスマスのプレゼントのお買い物でした。
ご存知の通り、Santa Runのイベント後、子供達におもちゃと絵本を選ぶのですが、
スタッフ達にも人気なのが絵本選び。
これは是非読んでほしい私のお気に入り!の絵本や
本屋さんで手に取り、読んで感動した絵本等を選んで購入しています。
それ以外にサンタさんやクリスマスの絵本等も季節とイベント柄、選ぶ事が多いです。

そんななか、毎年プレゼントにしたいなーと思うものの本屋さんで見かけない絵本がありました。
それが私のお気に入り絵本の一冊である『サンタさんすきですといえなくて…』でした。

サンタさんすきですといえなくて…

絵本、と書いていますが、上記リンク先の皆さんのレビュー等にもあるとおり、
みんなを平等に愛さななくてはならないサンタさんが恋をしちゃった!!というお話なので
中学生ぐらい~大人向けの絵本です。
可愛いイラストとくすっと笑える展開に癒されつつも(作者は関西出身の方ときいて納得)
サンタさんってどういう人なのか、といったことが描かれている、とても深い一冊です。

個人的にも大のお気に入りなのですが、それ以上にOsaka Great Santa Runに
参加していただいた方の思いを込めて渡すプレゼントとして
こんなにぴったりな絵本はないと常々思っていました。

ところがこの絵本、各リンク先を見ていただくとわかるかと思いますが、現在注文できない商品、となっており
中古品でしか手に入らない絵本になっています。
(運良く、店頭に残っていた場合は本当にラッキーだと思います)

でもこれは絶対プレゼントしたい絵本だし、子供達は勿論、毎年Osaka Great Santa Runに
参加してくださっている方達にも是非おススメしたいし…ヽ(`・ω・´)ノ
とぐるぐる考えて…困ったときの必殺技『お問合せ窓口にメール』(笑)をしてみました。

「突然のメールを失礼致します…(中略)…
『サンタさん すきですといえなくて』という絵本は重版予定がないようですが
何冊買い取れば重版していただけるのでしょうか…」

PICK UP

facebook twitter

MENU

SNS